【詩】 10月の週末

  土曜日の3時
  
  透明なガラスの容器にコーヒー豆
  “今日はこれがいい”っと
  豆の種類よりも、その日の気分で選ぶ君は
  いつも迷うことなく指をさす

  ミルで豆を挽きながら
  お湯を沸かし、カップを温めておく

  その間、君は部屋に漂う
  コーヒーの香りと共に
  テーブルクロスとデザートフォークを楽しそうに用意している

  モンブランがテーブルの中心にそびえ立っていた
  さっきデパ地下で購入した秋をイメージするケーキ

  “頂上で逢おう”
  そう言って、食べ始める君

  ふと、頭の中で
  君と一緒に見る山の頂からの風景をイメージした

  10月の週末
[PR]

by dayan-foto | 2014-03-04 02:00 |