【詩】 街角コミュニケーション

 珈琲の匂いに包まれながらすごす
 何気ない時間の流れが好き

 新緑のようなギリシアの女神がモチーフになっているカフェ

 いつの間にか、行けば一言、二言と会話をする間柄になった

 記念日の日
 ギフトと元気がでるオレンジ色で書いたメッセージを渡した

 それからというもの、
 お店で珈琲を注文すると おまけがついてくる

 それは、
 一言メッセージ
 Take Out 用のカップにオレンジ色のペンで
 日本語だったり、漢字だったり、英語だったり、イラストだったりする
 その時の様子やお店の込み具合で書きわけているみたい


 言葉を捨てることは出来ない
 デジカメだと雰囲気が伝わらない
 だから
 ポラロイドカメラでひとつひとつ言葉を残していく

 部屋のコルクボードには
 優しさと気持ちがこもった
 メッセージが溢れている
[PR]

by dayan-foto | 2014-03-04 01:31 |