【詩】  契約

  遠く離れても
  近くで見守っている


  『夜は、淋しい』
  重い重力を背負って
  貴方の言葉は 海の中の満月に
  落ちた


  僕は、決意し
  月と契約を交わした
  その日から
  僕の影は 闇と同化した


  『夜が、待ち遠しい』
  紙飛行機のような流星に
  貴方の言葉は 願いとともに
  託された
[PR]

by dayan-foto | 2014-02-25 13:45 |