[詩]  橙のころ

  人ごみをかきわけて
  金魚屋さんの横に佇む姿に 一瞬ドキッと
  悠然の中に乙女の愛くるしさが
  浴衣を着た君から漂う

  大きく弾ける音が 次々と
  真夜中の澄んだ空のなか駆け巡る
  色とりどりの花が可憐に咲き乱れる

  手を握り斜め45度を見上げてる
  突然、背伸びをして同じ背丈になった

  「同じ目線で、同じように感じていきたいから」
  「今日も、そしてこの先も」

  不意打ちのその言葉に
  花火が嬉しさのあまり滲んで見えた
[PR]

by dayan-foto | 2014-02-05 00:00 |