【詩】  one room magic

 小さな手に 大きな白いボストンバック
 改札口から来るのを待っていた
 赤いコートを羽織っていた君は
 小ちゃなサンタに見えたよ

 その日から、『ただいま』と『おかえり』がある生活に

 蕾がふくらんで 早くも1ヶ月
 荷物は、増えてない
 でも、二人の思い出たちは
 ツミキのようにダンダンと積みあがってるね

 小さなスペースだけど
 『毎日が旅行だと思えば、とっても素敵な日々の連続』
 と言った君の一言はとれも魅力的に思えた

 まるでそれは、魔法みたいに
[PR]

by dayan-foto | 2014-02-02 04:00 |