【詩】 北風の優しさ

  波の音を聴きに行きたいと
  呟いた 午後十時

  ブランケットを 波打ち際の
  砂場で 拡げて

  二人眺めた 冬の夜空

  優しく 僕らを
  包んだ 北風

  手を握り合い
  温もりを 感じたね

  この瞬間を 忘れたくないから
  満天の星空の 一つに願う
[PR]

by dayan-foto | 2014-01-15 17:30 |