【詩】 帰り道 ♭

  忘れていた
  僕らの周りには、
  たくさんの不思議があることを

  ゆっくり 誰かと寄り添って
  歩いていく 大切さを

  口を交わさずに
  一歩、一歩 君の歩幅に合わせて

  静かな冬の街路樹の中に
  僕ら二人の足音が
  メロディーを奏でている

  音符たちが 優しく
  僕らを包んでる
[PR]

by dayan-foto | 2014-01-14 18:00 |