【詩】 君との夏

  輝くような
   君とすごした夏
 
  少年から
   少しだけ背伸びをした
   恋をした

  今夏の最後に
   一番大きな笑顔の花火を
   見れて僕は

  周りの木々たちが
   恋の色と変わる季節を

  君と肩を並べて
   この街を歩むよ
[PR]

by dayan-foto | 2014-01-09 05:18 |